スマホ・アプリ

非通知の電話|誰からかわかる方法は?スマホのアプリを探す|固定電話の136とは、など詳しく紹介

基本的に非通知の電話は発信元を調べることはできません。

 

もちろん100%調べられないというわけではありませんが、かなり厳しいと考えてもらっていいと思います。

 

ただし非通知の電話に対してできる対処はあります。

 

なのでその対処さえ分かっていれば今まで悩んできた非通知の電話に悩まされなくて済みます。

 

そこで今回は非通知電話への対処法と、数少ない非通知電話の発信元を調べる方法について紹介していこうと思います。

 

非通知の電話番号を調べる方法やアプリはない?

 

結論、非通知の電話番号はアプリやサイトで調べることはできません。

 

というのも非通知設定された電話番号は受信した側には届いていないからです。

 

非通知の電話番号はまずプロバイダーという利用者とインターネットをつなぐ会社におくられます。

 

ですがそこから受信した側には非通知の電話番号は送られてこないんです。

 

なので自身でサイトやアプリを使って発信元を特定することは不可能ということになります。

 

ただし後で紹介しますが警察等に相談すれば非通知の電話であれど発信元を特定できる場合があるんです。

 

それでも調べられる可能性は低いのでここではほぼ非通知の電話は発信元を調べられないと思ってください。

 

スマホにかかってくる非通知はブロック(au・ソフトバンク・ドコモ)

 

非通知の電話は発信元は調べられませんがブロックすることはできます。

 

なので非通知電話に悩んだらまずブロックするようにしましょう。

 

ここでは各電話会社の「非通知をブロックする方法」について紹介していきます。

 

au

auには「番号通知リクエストサービス」というものがあり、これを起動することによって非通知の電話をブロックすることができます。

 

このサービスを起動したい場合は「1481」にダイヤルをかけると起動され非通知の電話をブロックしてくれます。

 

ただしこのサービスは非通知設定の電話に電話番号を通知するように促すサービスです。

 

なので相手が非通知設定を解除してかけなおしてきた場合普通にかかってきます。

 

ようするに非通知専用の対策サービスです。

 

またこの設定を解除したい場合は「1480」にダイヤルをかけると解除されます。

 

ちなみにこのサービスは無料です。

 

ソフトバンク

ソフトバンクには「ナンバーブロック」というサービスがあり、これに加入することで非通知の電話をブロックすることができます。

 

ただしこのサービスは指定した上限20の電話番号(非通知も含む)のみブロックすることができます。

 

もちろん指定していない番号や非通知はブロックすることができません。

 

料金は月額110円です。

 

加入方法についてはこちらを見てください。

ナンバーブロック加入方法

 

ドコモ

ドコモには「番号通知お願いサービス」というものがありこれを利用することで非通知の電話をブロックすることができます。

 

このサービスを利用したい場合はまず「148」にダイヤルをかけます。

 

その次に案内があるので「1」を押すとサービスを始めることができます。

 

また、このサービスもau同様で非通知設定の電話に電話番号を通知するよう促すサービスです。

 

なのでこのサービスでも非通知設定していない迷惑電話はブロックできません。

 

このサービスをキャンセルしたい場合は再度「148」にかけなおし案内の後に「0」を押すことで解除できます。

 

固定電話の136をプッシュしたら誰からかわかる?

 

残念ながら相手が非通知の場合、固定電話で「136」にかけても電話番号が分かることはありません。

 

本当であれば固定電話で「136」にダイヤルをかけると最後にかかってきた番号を確認することができます。

 

しかしそれが非通知だった場合このサービスで相手の番号を確認することはできません。

 

ちなみにこのサービスは「ナンバーお知らせ136」というNTT西日本と東日本が提供しているサービスです。

 

このサービスでは先に書いたように最後にかかってきた番号を確認することができます。

 

なので、「でようと思ってたのに受話器を取る前に切れてしまった」みたいなときにその電話に折り返す場合に役立ちます。

 

ただし、これも先に書きましたが非通知の電話や公衆電話、国際電話にはこのサービスは使えません。

 

またNTT加入の固定電話でないと利用できないのでその点も注意してください。

 

料金は1回につき30円です。

 

警察なら非通知が誰からか分かるの?

 

警察であれば非通知が誰からかかってきたのか調べることができます。

 

例えば警察は電話会社から通信履歴を提示してもらいそこから非通知の特定をすることができます。

 

基本的に電話会社はプライバシーを守るために通信履歴を提示することはしません。

 

しかし警察は電話会社に通信履歴を提示する協力や、裁判所からの令状を使って通信履歴を見ることができます。

 

また、その非通知の携帯がGPS内蔵の場合、携帯会社からその位置を知ることができます。

 

ただしこれらの場合はすべて警察側が事件性があると判断した場合のみ発生することです。

 

なので基本的には警察にお願いしても非通知の発信元は調べられないと考えていいと思います。

 

もちろん危険を感じたらすぐに警察に相談することをおすすめします。

 

迷惑電話を検索・ブロックするアプリ「whoscall」

 

Whoscallは迷惑電話対策アプリです。

 

このアプリは全世界16憶件以上の電話番号データに基づいて迷惑電話対策することができます。

 

なので国内のみならず国外からの悪質な迷惑電話にも対応できます。

 

また、このアプリは基本無料で使えるのですが有料版もあります。

 

無料版では

 

  • 電話番号検索で知らない番号の発信元が分かる(1か月3回まで)
  • 指定した番号をブロックできる

 

有料版では無料版に加えて

 

  • 電話番号検索を無限に使える
  • 迷惑電話や悪質な電話を自動で識別して着信をブロックする
  • SMSの迷惑メッセージを検知する
  • 広告なし

 

このような便利な機能を使うことができます。

 

もちろん有料版に越したことはないですが無料版でも十分使えると思います。

 

そこでここでは無料版で使える機能について紹介していこうと思います。

 

電話番号検索

電話番号検索は調べたい電話番号の発信元を調べることができる機能です。

 

Whoscallでは全世界16憶件以上の電話番号データから参照して発信元を調べることができます。

 

そんな便利なWhoscallの電話番号検索の使い方を解説します。

 

まずWhoscallのアプリを開いて「番号検索」の欄を開きます。

 

次に検索フォームに調べたい番号を入れて検索します。

 

するとその番号についての詳細を知ることができます。

 

指定の番号をブロックする

この機能を使えば何度もかかってきた迷惑電話をブロックすることができます。

 

またブロックの解除も簡単なのでとても便利な機能です。

 

では早速使い方を解説していきます。

 

まず「着信拒否設定」の欄を開きます。

 

次に右上にある「⊕」のマークを押します。

 

すると検索フォームのようなものが出てくるのでそこにブロックしたい番号を入れます。

 

このように指定した番号が表示されればOKです。

 

この他にも番号検索欄でブロックしたい番号を検索して「着信拒否」を押してもその番号をブロックすることができます。

 

 

 

-スマホ・アプリ

Copyright© アプリバ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.